最適なドメイン名の文字数とは?文字数や決め方などを徹底解説!

2022/08/19
最適なドメイン名の文字数とは?文字数や決め方などを徹底解説!
  • ドメインが決まらない...
  • ドメイン名って短い方がいいの?長い方がいいの?
  • SEO対策を考えている

ドメインを決めるときに覚えやすくするために短いほうがいいのか、屋号名や会社名、ビジネス・サイト名を全部入れて長いものがいいのかと悩まれると思います。

ドメインを決めるときに、文字数、文字列の長さはどれくらいが望ましいのでしょうか。

今回はドメインの長さや文字数について解説していきます。

結論

結論から言うと、

短くて、わかりやすく、覚えやすいドメイン

が最適です。

屋号名やサイト名が長い場合、すべてをドメインにした場合、設定することは可能ですが、つづりのミスなどが発生し、正しくアクセスされなかったり、読みにくく、覚えづらくなってしまうためです。

ではどのような設定が最適なのか、解説しています。

最適な長さとは?

そもそもドメインはどれくらいの長さまで設定できるのでしょうか。

https://○○○.co.jp
上記の○○○に値するサードレベルドメインに関しては63文字以内となり、ドメイン全てで253文字以内の設定となります。

○○○を決めるにあたって63文字埋め尽くしたほうがいいのかというとそういうわけではありません。

できる限りシンプルに、理解ができるドメインを設定したほうがいいと言われています。

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。

可能な場合は、長いIDではなく意味のある単語をURLに使用します。

Google検索セントラル-シンプルなURL構造を維持する

Googleでも紹介されており、上記のことから、何文字だから良いというわけではなく、わかりやすく、読みやすいドメインが良いということになります。

ただ、わかりやすいからといって、長くしてしまっても、つづりを間違えてしまったり、入力のミスが発生してしまって、アクセスしてもらえなければ、意味がありません。

短くて、わかりやすく、読みやすいドメインが最適といえます。

極端に短くしたほうがいいのか?

店名の頭文字をだけをとったり、省略したドメインを設定するのはどうなのでしょうか。

あまりおすすめすることはできません。

短いほうが覚えやすいのは事実ですが、ユーザーもGoogleもドメインをみて、ページの内容を理解しようとします。

Googleが推奨しているように

可能な場合は、長いIDではなく意味のある単語をURLに使用します。

Google検索セントラル-シンプルなURL構造を維持する

ユーザーにとっても、Googleにとっても意味が通じるドメインを設定しましょう。

また、極端に短くした場合、ドメインが埋まっており、登録、取得できない場合も多くあります。

3文字や4文字でも空いている場合もありますが、意味が通じるようなドメインかというとそうではありません。

短くすれば良いというわけではなく、意味が通じやすく、かつ短いドメインを設定しましょう。

まとめ

まとめ

ドメインは1度決めたら、変更することは基本的に難しいです。

そのため、決めるときは悩む方も多くいらっしゃるでしょう。

「短いから良い」「サイト名をすべて入れたほうが最適化」ではなく、ページを見てくれるユーザー、Googleにとって、わかりやすく、読みやすい、意味の通じる文字列の長さが最適と言えます。

店舗名や会社名、サービス名などを考慮しながら、最適なドメインを設定しましょう。

株式会社リアライズ

株式会社リアライズ

SEO対策に必要な機能や設定がされたホームページを制作しており、多種多様な業種のホームページ制作実績が1,000社以上あります。
SEO検定1級やライティング検定1級、ウェブ解析士などの資格取得者が在籍し、集客・求人に関する課題を解決しています。

会社概要

この記事のタイトルとURLをコピーする

関連記事