【アプリ】海鮮居酒屋 成功事例

成功事例

【アプリ】海鮮居酒屋 成功事例

2020/09/25

導入のきっかけ

もともとUSJのカウントダウンの花火の打ち上げをやるような消防隊長をしていました。
55歳の時に
「あと5年で定年になってしまうが、定年後65歳まで年金が出ない。その間の5年間退職金だけでは無理だな」
と思った事と実家が日本料理屋さんだったこともあり、昔から料理の修業はしていました。
そういう理由があり、兼ねてから何かするのであればこの仕事しかないなと思って開業しました。ただ、正直1年目は非常に厳しかったです。
そんな時、少し違う切り口のアポイントがあったのが導入のきっかけですね。
店舗紹介のようなものでなく「来たお客様をいかにリピートさせ、逃がさないか」といった切り口が面白いなと思いました。
アンケートや顧客管理、売上の計上や分析など様々な機能があることによって、自分のお客様の管理もできて、売上もできて、アンケートでお客様のニーズがわかるところに他の広告や媒体とは違うなと感じ興味を持ちました。
SNSを使った戦法も素晴らしいなと思いました。

導入してみてどうでしたか?

営業担当が顧客目線でニーズに合った提案をしてくれたのが印象的でしたね。
今も連絡を取らせていただくのですが、当時と変わらぬ対応で仲良くしてもらっています。
納品担当も素晴らしかったです。
私はパソコンが苦手なのですが、マニュアルを渡して見ておいてくださいではなく、本当に一つ一つの項目について丁寧に教えてくれました。
メッセージやポップアップも活用していますね。今日もお客様に忘年会の空き状況メールを送りました(笑)
来店の翌日には自動メッセージを設定しているので、見えないサービスも良いですね。
「バースデーメッセージありがとう。いただいたから来ちゃった」と言って来店される方もいます。
自動配信と手動配信をうまく活用しています。

導入後の反響は?

いきなり上がるものではなく、ジワジワと効果が出てきています。
6割以上の方がSNS経由なのですが、そのお客様層はアプリを必ずと言っていいほどダウンロードしてくれます。
リピーター率ははっきり言って80%ですね!それに、ポイント目的ではないお客様もいらっしゃいます。
ポイントが貯まっているのに全然使わないんですよ(笑)
そういったお客様のために、アプリ会員限定で月曜日は生ビール半額だったり、釣りをやるお客様には乗船料をサービスなどプラスで対策をしたりしています。
昨日来ていただいた男性のお客様はアプリのインストールなどが不慣れだったのですが、インストールをしてもらうとこんなに便利なんだと感動していました。
登録したばかりのSNSでお店のアカウントまでフォローしてくれました。
SNSで釣りの情報や付加価値をつけるだけでこんなに利用してもらえるのだなと感じましたね。

この商品を検討されている方に対してアドバイスはありますか?

お客様がアプリを使わないのであれば使わせようとお店側も考えないと、この商品の存在意義がなくなってしまいますね。
導入したから「集客が出来る」ではなく、活用という部分ですね。
「来てよかったね、また来ようか!」となっても、言うのはその時だけで7割の方はリピーターにはなりません。
その7割の方にどういったアプローチをかければ再来店に繋げることが出来るのかを考えるのが大事です。
営業担当の方が一緒に頑張りましょうとベクトルを合わせてくれているので、とにかく「これをやってください」と言われたことはきっちりやりました。
そして、自分の商品にするために、自分自身で考え、取り組んでいくことが大事だと思います。手法次第で十分な戦力になりますよ。