【ランディングページ】人材派遣 成功事例

成功事例

【ランディングページ】人材派遣 成功事例

2020/02/03

導入のきっかけ

現在の事業を始めてから、有料職業紹介の許可をいただくまでの3ヶ月間はホームページや名刺も作ることができなかったので、営業活動ができない状態でした。
初めてお電話を頂いたのがちょうどそのタイミングだったので、最初はお断りしました。
しかしその後も月に1回の頻度でお電話をいただき、当時なかなか集客ができていなかった状況もあったので、お話を聞いてみることにしました。
時間をかけてホームページとランディングページの違いを分かりやすく教えていただき、いい点も絶対ではないということもしっかりとお伝えいただいた上で、温かみのある対応にとても信頼が持てたのでやってみようと思いました。
契約をした後にお電話で営業担当の上司の方が「今回は伺えなくて申し訳ありません」など、挨拶をしてくださったのも新鮮でした。

導入してみてどうでしたか?

納品時には分からないことがあれば、その都度教えていただき、一回で覚えることができました。
導入後も分からないことがあったらサポートを活用させていただいています。
できるだけ毎日更新していまして、更新できない日にはリライト(文章の一部分を書き変えて更新すること)をしています。
キーワードに注目してページを作りつつも、お客様が読んでおかしくないような文章を心がけています。内容は保持しつつできるだけキーワードもちりばめるというところは気を付けています。

導入後の反響は?

お電話でのお問い合わせがどこから入ってきているものなのか、分からないところはあるのですが、ランディングページをやっていなかった時と比べるとお問い合わせは確実に増えました!
外国の方からのお問い合わせに関しては99%ランディングページからいただいている状況です。
国内の人たちはホームページでお問い合わせいただくことが多いのですが、外国の方となるとほとんどがランディングページからの流入です!
導入する前は、電話が一本もならない、なっても営業の電話だったりしたのですが、徐々に自分が目標とするお問い合わせにつながってきたと感じています。
平日5日のうちの3日は必ずお問い合わせがありますし、多い時は1日に3件かかってきたりします。

この商品を検討されている方に対してアドバイスはありますか?

根気が必要だと思います。更新していただければ、検索順位は確実に上がってきますというのは伝えられます。
見てくださった方、全員が全員お問い合わせにつながるかというのは別ですが、検索順位の上にはしっかり出てきます。

今後のビジョンはありますか?

今後は人材紹介以外も出来たらと思っています。
せっかくベトナムとの関係を持っているので、日本とベトナムの輸入輸出関係でしたり、人以外のところで何かできればと考えております。