【アプリ】スープカレー屋 成功事例

成功事例

【アプリ】スープカレー屋 成功事例

2020/09/25

導入のきっかけ

飲食店に限らず大手では店内に入ったらポイントが付くなどアプリを導入しているところが多かったため、最初は大手だけがやるものだと思っていました。
SNSの時代なのは分かっていたので、お店のSNS公式アカウントを作り情報を送ることも試しましたが、アプリが一番ダイレクトにお客様の情報を得られると思いました。
ウチは駅からも少し距離があり、探さないと見つからないような住宅街に位置するので一度来店されたお客様の情報を把握しリピーターとして確保していきたいと顧客管理とリピーター目的で導入を決意しました。

導入してみてどうでしたか?

メッセージの配信をよく利用しています。
忙しい時でも、〇日後と自動でメッセージを送ってくれる機能があるので助かっています。
特にアプリのダウンロードを促しているわけではありませんが、皆さん進んでダウンロードしてくださっています。
お客様の情報・データをダウンロード時にしっかりと入力していただくので、お客様の情報も管理できますし、来店日時まで把握できます。
このアプリ一本で他の販促の部分を補えるので、このアプリだけに力を入れてもいいくらいだと思いますね。

導入後の反響はどうですか?

現在会員は1500人ほどいます。 コロナで営業が自粛された時にアプリのメッセージでテイクアウトを促していましたが、その際テイクアウトで味を気に入ってくださったお客様が、今度は店舗に来店されます。
店内の席数は20席ほどなのですが、テイクアウトも変わらずに行っているので、架空の席数が無限にあると感じるくらい注文をいただきます。
媒体を一旦止めるほどお客様がいらっしゃいますし、売上は去年の130%になっています。
初回ダウンロード特典があるので中にはそれを目的でダウンロードする方もいらっしゃると思います。
それでも、味でまた来店したくさせる自信はありますし、メッセージを送って美味しかったことを思い出していただくだけでも再来店のきっかけ作りになっていると思います。

商品を検討している方にアドバイスはありますか

個人店は中々手を出しにくいかと思いますが、商業施設とかでない限りどこかで起爆剤が必要だなと思います。
そういった面で起爆剤としてウチではアプリがヒットしたと思います。
予約サイトなどはポータルサイトもありますが、直接こちらからメッセージなどを送れるというのはアプリしかないのかなと。
キャンペーンやお知らせをすぐに届けることができますし、全員が反応してくれるわけではないと思いますが、それでも会員様の通知には届くのでそれだけでも安心感がありますね。